スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の生まれた日

心理学かなにかでこんな話を聞いたことがありました。
自分が自分だと認識したのはいつか、と。

私が自分を認識したのは早いもんで、幼稚園の入園式の日でした。
暗いリビングの中心に佇み、そこへ扉を開け 光と共に母が出迎え

「さぁ、行こう」

と言ってくれたのを覚えています。正直夢だったんじゃないかと思うような展開ですけれども。
というくらいに漫画のような生誕でした。

さて、漫画のような~とよく言いますが、何故我々がリアルと断言出来るのでしょうか?

メイプルストーリー内でもこんなセリフがあります。

ertfdrd.jpg

我々も本当のリアルの誰かが描いた小説、漫画の世界の脇役の1ピースなのかもしれません

現実は面白みもなく、くだらないだけだ。
と、嘆き小説や漫画に没頭する人もいますが‥

現実で「うおーすげえ!!漫画みてえ!!!」
という言葉を一度でも耳にしたり、言ったことはないでしょうか。

結局我々が現実だと感じている現実も偽物かもしれないし、
現実だと信じている現実にも想像以上の凄い事や面白いモノもあります。

小説や漫画に没頭することは悪いとはいいません。
むしろそういう人とはお近づきになりたいくらいです。

が、それらに没頭することによって現実を否定するのは早計なのではないでしょうか。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うおーすげえ!昼ドラみたい!
な展開ならあるわ。死にたい。

No title

夏休みの自由研究で
ありんこつかまえてきて巣を作らせるように
自分たちも誰かによって作らされているんじゃないか
ってのは考えたことあるわー

No title

瑠璃>どこの時事ネタっすか

まるs>斬り丸s・・?
確かにあるなぁ
でも俺らより何万倍もでかい生物がいたら、俺らより何万倍も頭いい生物って繁栄出来ないような気もします。
頭がよすぎて。
プロフィール

nins

Author:nins
見なくていいよ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSS
一番上と一番下は広告
フリーエリア
英語名言
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。